介護をするにあたって、QOLの問題を避けることはできません。いかにQOLを向上させれるかが介護職としてステップアップする道筋ともなります。特に、後期高齢者は体を動かすことが億劫になってしまったり、少し出歩くだけでも疲れて動けなくなってしまったりと、体力が続かずにQOLが低下し続けている恐れがあります。特に過去旅行やショッピングを楽しんできた高齢者にとっては、そうした楽しみ方ができなくなることで絶望感を抱いてしまい、外に出かける気力を失っている可能性も否定できません。QOLを向上させるとは、こうした後期高齢者のような人物に対していかに接するかが鍵となるため、細かい部分までチェックしておく必要があるのです。

もしそうした高齢者を旅行へ案内する場合には、バリアフリーについてきちんと考えられているツアー会社へ申し込んだり、福祉車両として利用できる自動車を活用することが重要です。この問題が解決できていれば高齢者も不自由することなく旅行を楽しむことができ、段々と活力を取り戻していくことが可能になります。また、友人知人と一緒に出かけることで、若い頃の思い出を思い出すこともできるでしょう。

もう一つ、旅行に出かけるタイミングできちんと容姿を整えることで、さらに旅行によるQOLの向上効果を見込むことができます。化粧をしたり、新しい洋服を着用して出かけることによって、高齢者になってから忘れていたお洒落をするという気持ちを思い出し気持ちも一緒に若返ることができるのです。